« チラシの裏 | トップページ | 久々にゲームいっぱい »

晴海埠頭にて

コスプレ・ガーデンという名前のイベントへ行ってきました。
相方たっての希望だったので行ってきたのですが、それにしても聞いたことないイベントでしたね。
しかし、規模は決して小さくなく、東京という土地柄もあってか1000人2000人は軽くいる規模でした。こういうイベントが毎週何処かしらでやってるっていうんだから、確かに日本は始まったようです。
しかも今は各地の遊園地でもこういったイベントを行っていると聞きます。
一般客に塗れて遊園地の一部を占拠し、奇怪な格好の娘っことそれに群れるカメコーズはさぞ奇妙に映るだろう。
ま、はっきり言って私はこういうイベントは好きなんで観てて飽きないんですが、1997年当時のコミケと比べてはっきりと「変わったな。」と思えることを1つ見つけました。
それは女性陣は相変わらず(ベースの高い人は)レベルが高いのですが、それに猛追するように野郎のレベルと地位が格段にアップしていたこと。
あの当時のコスプレイヤーとしての野郎の立場なんてはっきり言って女性レイヤーを際立たせる為の小道具でしたからね。
言葉を変えて言えば、刺身の下地の無駄に多い千切り大根。もっと言えば種デス13話「よみがえる翼」で新生キラ様に刺身にされたラクス暗殺特殊部隊の皆さん
そう、つまりはクリエイティブ風に言うとトーンカーブを入力5%も入れればきれいサッパリ消えてなくなる程度の薄っぺらい存在だったわけです。
ところが今はだいぶ事情が変わったみたいです。ホストから流れてきたのか分かりませんが、イケメン集団をいたるところで見かけました。しかも結構もてはやされてるようで、昔のように「あれ?君のコスはジャバ・ザ・ハットかい?」と思わず間違えそうな人は少なかったです。
で、かっこよければなんでもいいのか、カメコの皆さんも男女問わずここぞとばかりにパシャってました。
そういう自分も一般(つまりカメコ)登録で入場してるのでまったく人のこと言えませんが…。

ちなみに私は知り合い以外、撮ったの全部風景…。
特にフジテレビ・レインボーブリッヂを狂ったように激写してました。

そういえば、当日はほとんど曇っててほんのり晴れ間が除く程度でしたが見事に焼けました…。まさかかつての『阿字ヶ浦海水浴場太陽に廻され火ぶくれ涙目事件』のような凄惨な状況にはならないでしょうが、かなりブルってます…。

|

« チラシの裏 | トップページ | 久々にゲームいっぱい »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チラシの裏 | トップページ | 久々にゲームいっぱい »